猫に食べさせてはいけないもの

今回、吉野勝秀が紹介するのは、猫に食べさせてはいけないものについてです。

毒性のあるもの

猫には絶対食べさせてはいけないものや与えないほうがいい食べ物があります。場合によっては命を落としてしまう危険性があるため注意しましょう。
まず、ネギ類はよくありません。長ネギ、ニラ、たまねぎ、ニンニクはネギは猫にとって毒性があり、中毒が起こったり、貧血や血尿なども出ることがあります。

内臓の機能に影響するもの

ぶどうなどのレーズン類もよくありません。嘔吐や腎機能障害になる可能性があり、有害とされています。チョコレートなどのカカオ類も危険です。
カカオに含まれるテオブロミンは猫にとって毒性があり、最悪の場合、命を打しまうこともあり、下痢や嘔吐の原因になます。お菓子類で甘いものは糖分が高く、
肥満につながったりしますので控えた方がいいでしょう。

おやつの準備

吉野勝秀がオススメするのはペット用のおやつを利用することです。アボカドは下痢や嘔吐などの症状や、胃腸炎になったりする危険性があります。
命に関わることもあり、食べさせないでください。カフェインがあるものも同様です。フェインは強い興奮作用があります。

イカやタコに含まれる酵素チアミナーゼはビタミンB1の分解を促し、ビタミンB1欠乏症の発症につながるといわれています。
生の魚や、貝類やエビ、カニなどやアワビにも気をつけましょう。
アワビには有害な毒素ピロフェオフォルバイドが含まれています。そして、生の豚肉や生の魚もよくありません。生の豚肉の多くはトキソプラズマという寄生虫がいます。そのため猫に与えないようにしましょう。

安全な食生活を

このように、猫には絶対食べさせてはいけない食べ物があります。与えると、猫は苦しみ、場合によっては命を落としてしまう危険性があります。長ネギ、ニラ、たまねぎなどのネギ類は猫にとって毒です。
中毒が起こったり、貧血や血尿なども出ることもあります。チョコレート、コーヒー、生魚、生の豚肉、魚介類、エビやタコなどの食品も注意しておくことが大切です。
キャットフードを利用し、安全な食べ物を与えてあげるようにしましょう。