美しいブラウンの毛並みと宝石のような目

・歴史

ハバナは、イギリスを原産地とする猫の品種です。
イギリスとアメリカにそれぞれ異なる基準があり、アメリカはがっちりしたセミフォーリンタイプ、イギリスでは無駄のない細身のオリエンタルタイプとなっています。

もっとも大きな違いが、横顔から見ると、イギリスでは目の間より高い位置に、アメリカでは低い位置に鼻があるという点です。
大きな耳や、卵型のきれいなグリーンの目など、シャムの特徴はどちらも共通しています。

ヒゲはとうもろこしのヒゲといわれるほど長く、まっすぐつややかに伸びた毛並みは、まるでシルクのような手触りです。
チョコレートの毛色が特徴的で、寝ている姿がキューバの葉巻を連想させることから、「ハバナブラウン」という名前がつけられました。

ハバナが生まれたのは1890年ごろで、人工的な交配ではなく、たまたまチョコレートポイントのシャムと黒猫の間にできた子猫だったといいます。

当時は、「スイスマウンテンキャット」と呼ばれヨーロッパ中に広まりましたが、目や毛の色がシンプルすぎて当時のシャム愛好家にはあまり好かれませんでした。

しかし、その毛並みを美しいと感じたイギリス人の繁殖家は、1952年にシャムのシールポイントやチョコレートポイント、
あるいは黒猫やロシアンブルーといった猫たちとの交配を始めます。その努力が実り、イギリスの愛猫家団体GCCFから公認を受けることに成功しました。

このときにもまだ名前はハバナではなく、「チェストナットブラウンフォーリン」という登録でした。
アメリカへ輸出されるなど、今日のハバナブラウンの基礎を築いていきます。アメリカタイプが生まれたのは、このときにセミフォーリンタイプとの交配が多く行われたからです。

1964年にはアメリカのCFAに品種として認定され、「ハバナブラウン」の名前があたえられました。
1980年代になると、ロシアンブルーやシャムとの後輩でライラックの毛色も生まれるようになったので、名前からブラウンが外れて現在の「ハバナ」となります。

とても数が少なく、21世紀になってもわずか1000頭ほどしかCFAに登録されていません。
吉野勝秀は猫の品種の歴史を調べるのが好きですが、このハバナについて知るのは楽しみでした。

・性格

シャムの血をよく引いていて、明るく元気な性格をしています。とても好奇心が強いので、みんなが何かをしているとすぐに仲間に入りたがります。
飼い主とのコミュニケーションが大好きなので、しつけやすいだけではなく、芸をおぼえさせることもできます。
前足を使うのが器用で、水をすくったり、ボール遊びをしたりできます。

一方で、あまり構われずに放っておかれると、いじけてそっぽを向いてしまうという嫉妬深い面も持っています。

・平均体重

平均体重は、オスが3.6~4.7kg、メスが2.6~3.8kgとなっています。
ほかの猫とくらべても、小さめのサイズになっています。

・平均寿命

平均寿命は、11~14歳くらいです。ほかの猫とくらべると、少し短めの寿命となっています。
もちろん、しっかりした環境を整えてあげれば、平均以上に長生きさせることも難しくありません。

・飼育時の注意

嫉妬深く、いじけやすい性格なので、ほかの猫といっしょに飼うことはあまりおすすめしません。
もし複数で飼う場合には、ハバナをなるべく気にかけているように意識してください。
寂しさから来るストレスで寿命が縮むこともあるので、とにかく愛情深く接してあげるようにしましょう。

運動量はかなり多いので、キャットタワーは用意しておいたほうがよいでしょう。
手を使うのが上手く、ボールや猫じゃらしなどのおもちゃも用意してあげると喜びます。

飽きっぽいので、エサもなるべくいろいろなものをあげましょう。
吉野勝秀は毎日3食エサの種類を変えてあげていました。

毛は短いので、1日1回でブラッシングは十分です。手でマッサージするように行うと、
毛並みに輝きができてさらに美しくなります。お風呂3か月から半年に1回程度でも問題ありません。

数が少ないので、遺伝疾患についてもあまり詳しく分かっていません。
基本的には、シャムのかかりやすい進行性網膜萎縮症や進行性網膜変性症などの目の病気、そして慢性腎不全などに気をつけておけばよいでしょう。
猫風邪や尿路疾患など、ほかの猫でもよく見られる病気にも注意してあげましょう。