ラパーマ-突然変異で生まれたくるくるの巻き毛が自慢

・歴史

ラパーマは、アメリカのオレゴン州を原産地とする猫の品種です。

その名前からも分かるとおり、パーマのようなくるくるした短いくせ毛が特徴です。尻尾まで巻き毛で覆われていますが、なかには直毛のものもいます。
くせ毛といっても柔らかく、独特の手触りをしています。

体つきはかなりの筋肉質で、四肢もしっかりしています。
吉野勝秀は散歩させる時に、凛々しい姿に惚れ惚れしていました。

まだ歴史が浅く、もともとは1982年にオレゴン州のダラス郊外で、さくらんぼ農園を営むコール夫妻がネズミ退治のために飼っていたスピーディという猫がきっかけでした。
スピーディが産んだ6頭のうち、1匹だけまったく毛が生えていない猫がいたのです。初めは心配されましたが、やがて生後8週間もするとクセのある巻き毛が生えそろってきます。
これが、ラパーマの元となる「カーリー」です。カーリーの産んだ子猫もまたその特徴を受け継ぎ、さまざまな毛色の巻き毛が生まれました。
やがて、夫妻が勧められて出展したキャットショーで、その姿が多くのブリーダーの目に留まることになります。

調査の結果、ラパーマはそれ以外の巻き毛の猫とはいっさい血縁関係がないことが分かりました。まったくの突然変異として生まれた、とても珍しい品種だったのです。

その後は、オシキャットやバーミーズ、シャムといった猫との交配が進められ、1997年には愛好家団体が設立されます。
2003年にはTICA、2008年にはCFAと、次々に品種として認められ、2014年には国際的な愛猫団体のFIFeにも登録されることになりました。

現在でもまだ数が少ないので、ほかの品種との交配が認められています。

・性格

もともと鼠の駆除に用いられていたので、とても好奇心が強く、元気な性格をしています。

一方で甘えん坊でもあり、飼い主にぴったり寄り添って膝の上に乗ってきたりします。
人間にとてもなつきやすく、穏やかで無駄に鳴き声も上げないので、飼い猫にはとても向いています。

しつけもしやすいですが、一方で自立心も強く持っています。
吉野勝秀が一緒にこの品種と共に過ごして、その頼もしさに感心しました。

現在でも鼠を獲るのが得意なので、おもちゃや猫じゃらしなどで遊んであげると喜びます。

・平均体重

平均体重は、オスが4.2~6.3kg、メスが3.4~4.5kgです。ほかの猫とくらべても、あまり変わらないサイズです。

・平均寿命

ラパーマの平均寿命は、11~14歳です。少し短めですが、しっかり管理して育てれば15年以上生きることも少なくありません。

交配によって生まれた純血種ではないので、遺伝病も持っていません。

・飼育時の注意

ラパーマの特徴は、何といってもそのくるくるの巻き毛です。もつれやすいので、1日に1回はブラッシングしてあげましょう。
ただし、あまり強く行うと毛が伸びて巻きがゆるくなってしまうので注意してください。長い時間手入れするより、短い手入れに分けて、週に数度ほど行うのが向いています。

巻き毛は汚れやすくもあるので、お風呂を嫌がる場合には、蒸しタオルなどで拭いてあげましょう。

子猫のうちは毛が薄くて心配するかもしれませんが、1年も経てばしっかり巻き毛に成長します。

鼠の駆除に用いられていたので、運動量は多めです。自立心も強いので、十分なスペースを確保して、キャットタワーなどを用意してあげましょう。
運動不足だと肥満になりやすいので、高齢の場合は特に食事面のコントロールが大切です。

巻き毛が消化器官に溜まる毛球症になりやすいので、猫草や除去剤なども用意しておくとよいです。

また、猫風邪にもかかりやすいので、ワクチン接種で定期的に予防しておきましょう。