人懐こく長寿な描種、サバンナキャットの特徴について

サバンナキャットは、飼育許可が必要なサーバルキャットとイエネコを交配させて誕生した猫種で、日本では珍しい猫種ですが話題性のある猫です。

吉野勝秀が調べたサバンナキャットの歴史は1986年に生まれた子猫たちが、記録上で最初のサバンナであるとされています。アフリカン・サーバルのオスとイエネコのメスの交配によって、ジュディ・フランクという繁殖家がサーバルとサイアミーズの交配種を誕生させました。第一世代(F1)はサーバルとイエネコの両方の特長をもっていました。
サーバルは保護条例や飼育規制などがあって、飼育するために個体を入手することも簡単でなく、繁殖を指せるブリーダーもいませんでした。

そんな時、アメリカ人パトリック・ケリーの功績で、フランクから譲ってもらったサバンナから第二世代(F2)が誕生し、
ジョイス・スルーフによって第三世代(F3)などに続いていく育種が進めていかれました。
そして、2001年に新しい猫種としてTICAに登録され、2012年にサバンナキャットは独立主としてキャットショーに正式に出ることができるようになりました。

第一世代から第四世代のサバンナキャットは、サーバルキャットの遺伝子を計算上で50%を超えるものが出現するということで、特定動物として届け出が必要で、
飼育規制も守る必要があるという種がサバンナキャットです。
猛獣類の血が流れているというサバンナキャットですが、実は人懐っこい性格で頭のいい猫種です。こどもとも問題なく触れあえるペット向きの猫種ともいえます。

しかし、寂しさや嫉妬などがあるとストレスがかかるといわれ、しっかりと愛情を注いであげるようにしましょう。運動は大好きな猫ですので、飼い主と一緒に過ごせるようにしてあげましょう。
サバンナキャットの平均体重は9kg~18kgとかなり大きくなるようです。オスが6.5~12.5kgで、メスが5.8~9.5kgといわれています。

平均寿命は17~20歳くらいだといわれています。一般的な猫より長生きする猫です。
飼育時の注意点は、飼いはじめるようになる場合、届け出が必要な場合は都道府県知事に届けていきましょう。
猫に多い心筋症や、下部尿路疾患などにも注意が必要で、日々の体調管理をきちんとして、普段から食事などに気を配ってあげるようにしましょう。

サバンナキャットはもともと自然種のサーバルを基礎猫にして誕生した種ですので、基本的には健康的な猫です。
ストレスをかけないようにより健康で長生きができるように飼育環境を整えてあげましょう。
吉野勝秀も育て方には十分配慮しました。