アビシニアンの性格などについて知ろう

今回、吉野勝秀が紹介するのはアビシニアンについてです。

歴史

アビシニアンは、約4000年も前の古代エジプトの壁画に描かれた猫だといわれたりしていますが、確かなことはわかっていません。アビシニアンはズーラという名の猫が品種改良されて今日に至ったと伝えられています。

ズーラは1868年のアビシニア戦争後にイギリスに持ち込まれたといわれ、これがアビシニアンという名称の由来といわれていますが、明確な根拠は現在のところありません。

一時期、イギリス国内で絶滅の危機にありましたが、アメリカとフランスによって1930年代には復活し、その後は短毛種との品種改良が進み現在の姿になっています。猫には珍しくあまり水を怖がらない品種です。

性格

アビシニアンの性格はその美しい外見にそぐわず甘えたがりな側面があります。活発で、好奇心も旺盛ですが、少々神経質なところもあります。
筋肉質だけれどもしなやかさのある外見と丸みのある頭部、そして大きなアーモンド型をした目は愛らしいさが溢れます。被毛は一本の毛が3~4色の濃淡に区切られ、光の下ではキラキラしていてまるで織物のようでティックドタビーという独特の模様は大きな特徴です。

アビシニアンのお手入れとして、ブラッシングは1日1回くらいで大丈夫です。

体重・寿命

アビシニアンの平均体重は2.5キロから4.5キロといわれており、平均的な猫と同じ体重といえます。

アビシニアンの寿命は10年から13年くらいといわれます。他の猫と比較しても割と平均的な寿命といえます。
最近は飼育環境やキャットフードの質が高くなってきたため、寿命はそれより長めになってきています。

飼育時の注意

アビシニアンは運動が好きでよく運動するため、しっかりと運動できる環境を整えてあげましょう。
しかし、欲しがるままに食事をあげているとすぐに肥満体型になってしまいますので、糖尿病や肝機能不全といった病気の原因にならないよう、飼い主がしっかり予防してあげましょう。

アビシニアンはその美しさゆえに今日でも多くの人々に愛されている猫です。