アメリカンショートヘアについて知ろう

今回、吉野勝秀が紹介するのはアメリカンショートヘアーについてです。

歴史

アメリカンショートヘアはおよそ400年前、ピューリタンがメイフラワー号でイギリスからアメリカに渡る際に、ネズミやヘビ退治のための実用的な動物として同行した短毛の猫といわれています。
1906年にアメリカンキャットクラブにドメスティックショートヘアーという名称で登録されました。
その後、1950年代にブリーダーによってペルシャとの交配が行われ、その15年後、1965年にアメリカンショートヘアという名称が得られた後は、だんだんと人気が出てきました。

性格

現在は毛の色は70色以上の種類があり、黒い毛色や白、三毛などもいます。
アメリカンショートヘアは最初、アメリカ大陸に渡った時はペットとしてではなく、ネズミ対策用の動物としても役割を果たしていました。
丸い顔とあごの強いハンターとしての特徴が体型に残っています。アメリカンショートヘアの性格は陽気で冒険好きなところがあり、利口で穏やか、知的なところもありますので、しつけはしやすいという特徴があります。
戸外の環境に適し、被毛は短いですが毛密度が高いので厚く、湿気、寒気、皮膚のケガを防ぐのにも適したようになっています。

体重・寿命

アメリカンショートヘアの平均体重は雄が4.0kgから7.0kg、雌が3.0kgから6.0kgとなっています。一般的な猫の体重と大体同じくらいの重さといえます。そして、平均寿命は10歳から13歳といわれています。
これは、一般的な猫の平均寿命が15歳といわれているので若干短めといえますが、飼い主が食事などを気を付けて体調管理をしっかりすると、平均寿命は長くなるといえます。

飼育時の注意

飼育時の注意点としては、まずは食事といえます。アメリカンショートヘアはもともと太りやすいという体質を持っています。
部屋で飼う場合にはどうして運動不足ぎみになりやすいため、普段からしっかりと食事の管理をしてあげましょう。
また、アメリカンショートヘアはあまり抱っこされるのは好きではないようですので、抱っこしすぎずにそっとしておいてあげましょう。
そして、ブラッシングなどの日常の手入れについては短毛種なので1日1回くらいで大丈夫です。