シンガポールで見つかった小さな妖精

・歴史

シンガプーラは、公認されている品種としては世界で最小の猫です。その愛らしい姿から、「小さな妖精」とも呼ばれているほどです。
ところが吉野勝秀が歴史について調べた所、その由来についてはまだはっきりとしたことが分かっていません。

現在の姿からは想像もつきませんが、原産地のシンガポールでは、下水溝のなかで鼠を捕る猫として知られていました。
そのため、「ドレイン(下水溝)キャット」という名前が付いていたのです。それくらい、現地の人にとっては気にかけるような存在ではなかったわけです。
品種として注目されるきっかけは、1970年代にシンガポールに赴任していたアメリカ人によって作られました。

ブリーダーのハル・メドウは、現地で見つけた小さな猫をアメリカの妻トミーのもとへと送ったのです。
そこから交配が始まるのですが、実際に品種として認定されるまでにはかなり時間がかかりました。というのも、夫妻がもともとアビシニアンの交配を行っていたために、人工的に作り出しただけではないかという疑いがとけなかったのです。

しかし、キャットショーにエントリーしたことで人気は一気に広まり、ついに1988年にCFAによって公認されることとなりました。
現在では世界中で公認を受け、とても人気のある品種のひとつとなっています。

ちなみに、シンガプーラというのはマレー語の発音による「シンガポール」のことです。

・性格

短毛種の猫にしては、とてもおとなしい性格の猫です。
もともと体のサイズが小さいうえに、鳴くこともほとんどないので、とても飼いやすいといえるでしょう。

その半面、もともと下水溝で鼠を追いかけていたこともあって、強い好奇心と高い運動能力も見せます。
ネズミのおもちゃなどで遊んであげると、とてもよろこびます。

甘えん坊な面が強く、飼い主にはかなりなつきます。その分、ほかの人間や動物に対してはナーバスになりがちなので、注意が必要です。
静かな場所を好むので、あまり騒がしい環境は避けたほうがよいでしょう。

・平均体重

成長しても、体重は2kg程度におさまります。一般的な猫が5~6kg前後ということを考えると、半分以下ということになります。
世界最小というのもうなずける数字です。

ただし、最近では近親交配が減ってきたため、オスだと3kgを超えるものが多くなっています。

・平均寿命

平均寿命は10~16年ほどです。一般的な猫とくらべても、ほぼ平均的といえるでしょう。
環境をととのえてあげれば、さらに長生きさせることもできます。

・飼育時の注意

吉野勝秀は飼い方を調べました。世界最小のサイズに魅力を感じて、飼いたいと思う人も多いと思います。
しかし、現在では3kg以上、なかには6kgを超える個体も増えてきているので、その点はあらかじめ考えておいてください。
好奇心旺盛なので、イタズラにも注意する必要があります。
狭い場所にも入りたがるので、危険そうな物や場所にはしっかり対策をしておいてください。
危ないイタズラをしたときには、しっかりしつけをしましょう。

一人でいるのが苦手なので、なるべくストレス解消できるように走り回れるようなスペースや、キャットタワーを用意してあげるとよいでしょう。

シャイな性格なので、ほかの猫とはいっしょに飼わないほうが無難です。
どうしても飼いたい場合には、シンガプーラを子猫のうちから迎え入れるか、別の猫を最初はケージに入れて慣らすなど、工夫が必要です。

とてもよく眠る猫なので、一日に15時間ほど、時には1日のほとんどを寝てすごすこともあります。あまり心配せず、たっぷり寝させてあげましょう。

また、シンガポール生まれにとっては、日本の寒さや乾燥は大敵です。室温の調節や、肌のケアにも気をつけてあげましょう。
あまり動き回らないので、太ってしまうとなかなか元には戻せません。

普段から食べすぎに注意して、食べすぎたときには食事量のコントロールや、運動をさせることを忘れないでください。